自分で壁をつくってしまう

自分の中につくってしまう壁。「それは無理、あれは無理」と最初から決めつけてしまう前に、可能性を探る事を考えたほうが良いのではないでしょうか。「無理」と言ってしまえば、その時点で無理になってしまいますが、「できる」そう思えば可能性は無限に広がります。

そして世界も壁をつくろうとしている世の中です。その流れは個人の動きと何ら変わりがなく、国を一人の人としてみた場合、どんな大国であっても周囲との関係や、政治的な立ち位置から自分を守ろうとする行動なのかもしれません。あなた自身が内向きになればなる程心に高い壁をつくろうとしてしまう事と同じではないでしょうか。


一度つくってしまった壁は、越える事も、壊す事もなかなか困難です。しかし、それはあなた自身がつくった壁です。世の中は効率を重視して動く大企業と、私達のように、その内容を専門的に突き詰める小さな会社が混在しています。


私達は大企業やチェーン店とは、そもそもの成り立ちや考え方に違いがありますから大企業の真似をしたり、比較をしても意味のない事なのではないでしょうか。あなたや私の持つ可能性というのは無限です。大きな意味で世界が動こうとしていて、今までの経験則や今まで通りの通常の動きというものが無くなり始めました。さすがの大企業も予測不可の部分が増えているのではないでしょうか。そんな時代だからこそ、沢山の事が見えてくるのも事実です。


話を元に戻し考えると、それぞれの人が個性や感性といったその人にしか備わっていないものを必ず持っています。しかし、ある目標において「それは絶対に無理」という壁をつくってしまえばそれは叶わないでしょう。


あなた自身が「こう過ごしたい」「こんなふうにしたい」「こうだったらいいのに」と思う事に向けて、壁をつくらずにその可能性を探ってみる事が良いのではないでしょうか。


これから世の中がどうなるかは、誰にもわかりません。しかし、現状を見ると決して平和に向かっていると思えない事実が沢山報道されています。そして「良い方向に変わりたい」と思うのは皆同じではないでしょうか。マインドフルネスの訓練には変わる為の気づきがあります。外側に何かを求めるのではなく、自分の心に聴いてみる感覚です。

Peaceful Action. Mindfulness | マインドフルネス

ビジネスリーダーの為のマインドフルネス | マインドフルネスティーチャー / 洋服デザイナ- / オフロードバイカー