根本的な問題は何か

曲ったものの上に真っすぐなものは建たない。最近になってこんな事に気づきました。いくら上辺だけを頑張っても、それはその場しのぎでしかないと思っています。「根本的な問題は何か」もしかしたら、部屋や家を綺麗にしていない事が原因かもしれませんし、普段食べているものに対してあまりにも気をつかわな過ぎる事が原因かもしれません。

例えばそれが、あなたがご商売をされていて「売上があがらない」そう悩んでいてもです。トイレを、部屋を綺麗にすれば売上が上がるというお話ではありません。根本的な生活やビジネスの基礎が曲がっていては、その上に真っすぐなものは建たないのだと思います。


部屋は心の鏡のように言われたりする事がありますが、仮に「部屋なんてどうでもいい、僕は全力で仕事をがんばりたいんだ、掃除する時間があったら明日に備えて早く寝るか、仕事を少しでも進めよう」そんな考えもよくわかります。何故なら数年前の私もそういう考えだったからです。


ある時私は、物事の根本を見つめ直すようにと考えはじめました。何故なら、毎晩寝ずに仕事をしても、何をやっても上手くいかなかったからです。それはきっと根本が違うのではないか。考え方においても、発する言葉においても、行動一つ、メールの返信ひとつをとっても、全ての行動や考えを根本的な所で見つめ直そうと考えました。


関連記事:忙しい時ほど休んだほうが良い理由


それは、今日やって明日結果がでる事ではありません。少しの歳月が必要ですから、途中で諦めて元の生活に戻してしまう人も少なくありません。


その「根本」という事に気づいたのは海に行って、流木の写真を撮っていた時の事です。「この流木はどこからどうやって流れてきたんだろう」そんな疑問からでした。


何かを変えていく時には、まず自分自身の中に飛び込んで観察してみる事が大切です。

Peaceful Action. Mindfulness | マインドフルネス

ビジネスリーダーの為のマインドフルネス | マインドフルネスティーチャー / 洋服デザイナ- / オフロードバイカー