時代についていく必要があるのか。

新しいものには新しいものの良さがあり、古いものには古いものの良さが必ずあります。私は比較的古いものが好きですが一人一人の価値観や感覚によってそれは決まります。最新のテクノロジーを備えているが故に故障した時は手に負えなかったり、最新のテクノロジーが備わっていないが為に自分で修理できたりと、良い、悪いの基準もそれぞれ人によって異なります。

私自身をものに例えるなら1967年製の古道具です。そして相棒のバイクは1980年代のモノ。どちらにも最新のテクノロジーは使われておらず、最新のものをインストールするにはOSのアップデートから始めなければなりません。


しかし、私がそのアップデートを望むかというとそうではありません。何故なら私が生まれてから約半世紀もの間に積み上げてきた事が、私の最大の強みだからです。無理に「新しさ」だけを求める必要もありませんし、最終的にはそうやって比較する事自体がおかしいという考えに変わりました。


私には私の育った環境や経験、積み上げてきたものが備わっています。あなたにも、あなたの育った環境や経験積み上げてきたものがあって、今存在しているはずです。


時代が新しくなればなる程、「それについていかなくては・・」という焦りや不安も感じるでしょう。しかし、「あなたにしか持っていないもの」それがあなたの強みです。


そしてそれをあなた自身がどう活かしていくかを考える事が発展に繋がるのではないでしょうか。

ですから、自分自身を良く観察してみたり、かわいがってみたり、大切にする事が必要です。




Peaceful Action. Mindfulness | マインドフルネス

ビジネスリーダーの為のマインドフルネス | マインドフルネスティーチャー / 洋服デザイナ- / オフロードバイカー