ポジティブな存在

「痩せましたね」最近そう言われる事が多くなりました。そんなふうに言われると心の中で「僕は痩せたのかな?」から「痩せている」という言葉が自分自身をコントロールしはじめます。数回言われると、自分を映すこころの中の鏡が痩せている自分を映しだしはじめ、「私は痩せているんだ」と自分の姿をつくっていきます。

「仕事は大変なものだ」そう何度か言われた場合には、仕事が大変と思う自分自身を想像し、やがて仕事って大変という自分が出来上がってしまいます。確かに仕事は気を使い、お金を稼ぐという側面がありますから大変な事であるのは確かです。


しかし、あなたに対して影響力のある人が「仕事って楽しい!」と言い始めたらどうでしょうか。人と人は常に影響しあいながら生活をしています。ポジティブに考える事は、周囲の人もそういう気持ちにさせるとはこの事ではないでしょうか。


私にも沢山の経験があって、私自身がつまらない表情や不機嫌な表情をしていると周囲もそうなっていきます。それが少しの期間続くとスタッフが辞めると言い出したりする事になります。


自分自身の内側をよく検索してみるという事は、いつも心が満たされている状況をつくる事です。

スタッフに「もっとポジティブに・・」などと言うのではなく、あなた自身がポジティブで、マインドフルな状態でそこに存在する事自体が価値のある事の一つです。特に会社や生活の場面でのリーダー的存在であるあなたの存在自体が、周囲をも幸せにしていく存在であるように過ごす事が必要です。

Peaceful Action. Mindfulness | マインドフルネス

ビジネスリーダーの為のマインドフルネス | マインドフルネスティーチャー / 洋服デザイナ- / オフロードバイカー