都会と田舎

現代では全てが首都圏を中心に動いています。私の住む静岡県の東部は新幹線で品川まで45分の距離、そして海や山に囲まれた自然の多い環境です。


近隣の方々は、距離が近い事もあり都内への出張や買い物などにも出かける事が多く、その時に感じる事は人と人とのコミュニケーションの取り方があきらかに違うと感じる場面に多く出くわします。その違いを感じる場面では、「商取り引き的だな」と感じたり距離縮めようとしても、「何かの壁があるな」と感じてしまう事があります。



雑誌などで特集が組まれているような「田舎暮らし」という側面ではなく、時間の流れ方や、人との触れ合い方にあきらかに違いがあるのは言うまでもありません。私が時折考える事は、「皆同じ人間なのに、環境が違うとこんなに違いがでるんだ」という事です。


都内に行くと、まるで「歩くのが遅い人は社会にもついていけないんじゃないか」といわんばかりのスピード感で時が経って行きます。この地域に住む方々の中には、全く新しい働き方や生き方にチャレンジしている方々も少なくありません。


「本当の事」を伝えようとすると、それは大して面白い事には聞こえません。トレンドの、あるいは流行の話は、とても面白く聞こえるでしょう。ただ、これからの時代はその「大して面白くない本質」に触れながら新しさを考えていかなければならないという気がしています。


それには「気づく」という事がとても大切になるでしょう。いろいろな事に気づきながら、進む人生とただ過ぎていってしまう人生では、同じ人生でもまったく違ったものになるのではないでしょうか。

Peaceful Action. Mindfulness | マインドフルネス

ビジネスリーダーの為のマインドフルネス | マインドフルネスティーチャー / 洋服デザイナ- / オフロードバイカー