コップがいっぱいな状態。

自然に無理をすることなくできる事。それを仕事にしている人は世の中に沢山います。私も洋服の企画やデザインに加えてマインドフルネスのクラスを無理することなく自然に行っています。


難しい事や、苦手な事はなかなか頭に入ってこないのが人間です。自然に苦もなく入ってきて実行できることが自分自身の強みなのではないでしょうか。


自分自身や、自分の会社となると強みや良い所というのが本人にはなかなかわからない所でもあります。食べていく為には努力は必要です。しかし、それ自体が苦手な分野であれば大変な努力が必要になるでしょう。


毎日感じるストレスがどれだけあなたの人生に損失を与えているのでしょうか。心の中のコップがいっぱいな状態であれば、新しい水を注いでも溢れ出るだけになってしまいます。

私はできるだけ、休日を使いバイクにまたがって行く先を決めずに出かけるようにしています。昔は、これでもかというくらい仕事を詰め込んでいましたが、そういうスタンスを辞める事によって、心のコップの水を幾分減らしました。


働き始めてから蓄積してきた「こうあるべき」という考え方を捨てる事により、新しい考えをコップに蓄えていけるようになったのだと思います。マインドフルネス瞑想は、心に少しのゆとりをつくるのにも役立ちます。


その「ゆとり」こそが、ものの見方や、感じ方に変化を与えてくれるように思います。サイトトップにジョン・カバット・ジン博士の動画を貼りました。マインドフルネスに関しての事をわかりやすく話しているアメリカの報道番組です。お時間あればご覧になってみてください。


Peaceful Action. Mindfulness | マインドフルネス

ビジネスリーダーの為のマインドフルネス | マインドフルネスティーチャー / 洋服デザイナ- / オフロードバイカー