ピースフルアクション

世の中の動きを注視してみると、「変化を求めている」という事を感じます。働き方一つとっても、何故そうするのか、そうなっているのかを考えるタイミングが今なのかもしれません。


都会から、自然の多い私達の近隣に引っ越されて来るかたも以前に比べて多くなりました。そして、パソコン一つ持って世界を旅しながら仕事をしている人や、特定の場所を持たずに仕事をしている人も増えたと聞きます。


私の働き方も同じかもしれません。衣料品のデザインや企画を主体に置き、これから日本中をゆっくりと巡りながらマインドフルネスのコーチの活動をしていこうと考えているからです。


Peaceful Action(ピースフル アクション)の考え方は、文字通り平和への行動です。それは、何処かで声を上げる為に集まったり、集団を作り行動する訳ではなく、私の活動を通してそれに気づいた方々が一人一人何かのアクションを起こすといったものです。


以前にも同じような事を書きましたが、私が週に二回程訪れる近隣の海は流木が流れつき、同じようにゴミも何処からか流れ着くような場所。

流木は自然のサイクルの一つとしても、ゴミは違います。私ひとりが一つのゴミを拾えば、あるいは捨てなければ、この世界から落ちているゴミが一つ減る事になります。その事に気が付いた100人が拾えば、あるいは1000人、1万人がそのような事に気づいたらどうでしょう。


人間は、現在存在しているものに対して、あるいは争いに対して批判を覚え行動してきました。しかし、そういった状況をつくりあげる前に、それぞれの人々がその事に対する「何か」に気づいていたらどうだったでしょうか。


ゴミの話に例えましたが、一人一人の気づきが世界の環境を住みやすく維持する事に繋がるのだと思います。そして企業の代表者や、企画をする人々や個人個人が何かの製品やサービスを考える時、あるいは働き方を考える時に、その気づきを取りいれていく事によって、少しづつ変化は起きていくような気がしています。












Peaceful Action. Mindfulness | マインドフルネス

ビジネスリーダーの為のマインドフルネス | マインドフルネスティーチャー / 洋服デザイナ- / オフロードバイカー