意識して息を吸い、意識してはく。

いろいろな書籍を読み、様々な音楽を聴き、何かを成し遂げた方々の言葉を読んでいると、それぞれに共通点があるのではないかという想いがしています。


生活していく上で沢山考え、ある時は悩みます。そんな時に本を読んだり、音楽を聴いたり、インターネットで様々な事を調べたりします。


そしてそれぞれを解釈していくと、皆同じような事を言っているように思います。不思議とそれは、同じレンズを通して見た事が語れているように私は感じています。


沢山の著名な方々が、呼吸を意識して集中力を高めてきた事は、少し調べると様々な場所に書かれています。スティーブ・ジョブズが大切なプレゼンの前に壁に向かって瞑想していたのは有名な話です。


オフィスで仕事をしていても、SNSをやっていても、友人達との集まりの中でも、そしてもっと拡大すれば国同士の中でも現代の社会では争い事が絶えずに続いています。そこには、それぞれの利益に関する事、好き、嫌いという感情が渦巻いているからなのだと思います。


歴史を振り返れば、人間同士は大昔から同じ事で悩み、同じ事で争ってきたのではないでしょうか。瞑想は約2500年前から続けられている心の科学だとも言われています。人の痛みを何とかする為の訓練が瞑想であり、現代ではマインドフルネスとも呼ばれています。


ビートルズのレット・イット・ビーを代表として、その「あるがままを受け入れる」という姿勢を歌った曲や歴史を変えてきた著名人達の言葉の中でも様々に語られています。


意識して息を吸い、意識してはく。その中に秘められた事が今後どのように科学的な解明がされていくのかは私にはわかりません。しかし、私自信が非常に困難な状況にある時から始めた瞑想は、少なからず自身を救ってくれるきっかけとなった事は事実です。


私の活動は衣料品のデザインを主な仕事としていますが、そのマインドフルネスが周囲にいる方々の役に立てるのであればと思い、永らくヨーガの講師をしている妻から哲学や歴史、その方法について学び、指導する立場になりPeaceful Actionの小さな活動と共に続けています。

いつもは朝の時間に行う瞑想ですが、今日はやる事があり日没の時間に近隣の海に出向き行いました。雨上がり夕方、その時の景色は素晴しく奇麗な夕日を見る事ができました。




Peaceful Action. Mindfulness | マインドフルネス

ビジネスリーダーの為のマインドフルネス | マインドフルネスティーチャー / 洋服デザイナ- / オフロードバイカー